コピー機はオフィスに一台は置こう!リースでも手に入る

複合機

プリンターでは作業量が追い付かない

書類をパソコンから出力するだけなら、プリンターがあれば十分ですし、家庭用のプリンターならとても安いものが出ています。
しかし、仕事の上では書類をスキャンしてプリントすることも、ファックスで送る必要性もあるので、プリンター機能のみでは作業が追い付かないのです。

複合機で作業を賄える

様々な作業が必要になる度にその作業に便利な機器をそろえるのも良いでしょう。しかし、その機能が一つに収まっていれば、すべての機器をそろえるよりも安く済むのでコストカットになります。
複合機がビジネスで良く使われているのは、少し値段は高いですがファックスやコピーの機能がついているからです。

オフィスのスペースを有効活用

オフィスには大きなところもあればとても小さな場所で作業をしているところもあります。複合機を一台置くことで、ファックスやプリンターを置くスペースを作らずに済み、省スペースになるのも注目される理由です。

すぐに印刷ができて早い対応が可能

複写や出力用プリンター機能のあるコピー機があればアイディアをすぐに印刷でき、お客様に提示できるのも魅力です。
このような複合機はリコーといった会社が開発していますが、トナーも揃えながら活用していきましょう。また、中古なら安い値段で購入できることも知っておくと便利です。

コピー機を作っているメーカー一覧

  • シャープ
  • ゼロックス
  • キャノン
  • リコー
  • コニカミノルタ
  • ブラザー
  • 京セラ

リースのことに関する疑問を解決しよう

リースの期間設定はできるの?

レンタルの場合なら自由に借りる期間を設定することができるという特徴がありますが、リースは違います。適正期間が税務基準において決められているのです。これはコピー機かPCかなど機器の違いでも期間が変化します。

保守点検のサービスはどうなっている?

リースも購入の場合と同じ標準保守が利用できます。しかし、トラブルが起きた場合の修理依頼はその都度行なうこととなっているのです。一方、レンタルなら保守の内容はオプションで変えられます。

中途解約時の処理はどうすればいい?

レンタルの場合は精算金の支払い義務が生じます。購入時は一括で精算している場合は解約金などは発生しません。リースならば指定された期間の中で支払い義務があるので、残りの年月の解約金を支払う必要があります。

廃棄するときの処理方法は?

処理に関しては販売した業者が関知するところではありません。そのため機器の購入時には購入者の責任で処理する必要があります。レンタルなら返却すれば大丈夫です。リースも同じく返却によって処理することが可能です。

広告募集中